隣がちょうど良い距離の二世帯住宅

新築をつくる時に、両親のことが気になりながらどんな風にいしたらいいのかと思っていました。一番いいのは、両親と一緒に暮らすことなのです。しかし一緒に暮らすとなると、両親といえどもやっぱりいろいろなことで喧嘩をすることになると感じました。生活が違うし、考えていることが全く違うので喧嘩になることは想像できたのです。そこで、考えたのは独立をした二世帯住宅です。それだと、完全に生活が違う二つの家族としても安心して暮らすことが可能です。

独立していますが、もしもの時にすぐに駆けつけることができます。同じように生活をしていなくても、となりなのでそのことができるのです。しかもひとつの新築をつくるよりも、二世帯住宅の場合は費用を分担できるので安く仕上げることができました。そのことも大きなメリットとして、感じています。そして、つながっていないのでちょうどいい感じで暮らすことができます。自分たちと両親が気兼ねなく暮らせます。