家のデザインはある程度後で変更できる

どれだけお金を使えるかが勝負になってくるところも多いですが、それでも注文住宅を作っていて楽しかったのはショッピング感覚で色々なものが選べたことです。これが建売住宅や分譲住宅だったらできなかったことですよね。もちろん選べないところもありますが、主にデザイン面では選択肢がそれぞれあったので家族で決めていくのは楽しかったです。高いオプションはさすがに楽しいだけではありませんから、予算内で楽しむにはやはりハウスメーカーの平均坪単価を見たり、商品の坪単価を見て選択すべきだなと思います。

 

家を建てた後で思ったのは、意外とシンプルなデザインでも後から変更可能だなということです。DIYが流行っているようですが、女性でも簡単にできる技があったり、道具もホームセンターや、どうかすると100均で変えたりするのでプチDIYはできてしまうのです。これが最初から派手な壁紙だったりするとしにくいのですが、シンプルだと自分好みに変えやすいです。

 

例えば、キッチンは白で統一したとしてそれに飽きた場合、タイルシールを使えばそれを貼るだけでタイル調のデザインがあっという間に完成します。やっぱり100均のシールだと結構すぐにはがれてしまったので、安かろう悪かろうな部分もありますね。

 

うちではやりませんでしたが、ちょっとおしゃれ上級者向けだなと思ったのは部屋の一面だけを別の色にしてしまうコーディネートです。しかも結構ビビットな色に。聞いたときは正直どうなのかなと思いましたが、写真を見てみると確かにおしゃれ!個人の部屋でやるならいいなと思いました。リビングなどの共通スペースでは飽きが来るのが早いか、全員の好みでないなら決める時に喧嘩になりそうだなとも思いました。その色に合わせた家具が必要で、うちでは前の家で使っていた家具を使ったため合いませんでした。家具から部屋を考えるという方法も便利だと思います。全て新調するなら別ですが、これで節約にもなりましたね。

PR|お家の見直ししま専科初値予想住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣JALカードGetMoney工務店向け集客ノウハウ健康マニアによる無病ライフ貯蓄オーディオ家計見直しクラブマッサージのリアル口コミ.com心の童話童話生命保険の口コミ.COM英語上達の秘訣|